自動車保険損害保険会社を選ぶポイントとは

はじめまして、今まで新車を替える度にデーラーに任せていましたが、当然デーラーは、ユーザーに対して、自社の関係保険会社に入れる事が利益の基本になっています。

私は、当初保険会社によってサービスが違ったり、保険料が違ったり、担当者によって対応が違ったりいろんな事が、わかって来たので、5年位以前から、インターネットで一括見積もりを取ったら、保険料がかなり安いところがありましたので、何故こんなに安いのか、メールで問い合わせたら、代理店制を取らなくて済むから経費が安く上がるようです。

これを考えると、安くて、保障も同じで、良好でしたが、ただ、事故が起きた時の対応はどうか? 実際に事故後に電話しましたが、電話対応は良いが、相手にどう対応しているのか不明であり、保険会社から警察連絡は絶対にありません。

あくまでも、自分で警察に、人身で怪我した場合は、医者の診断書を交通課担当者に直接持参しなければなりません。

物損になった場合は、警察は民事には一切かかわりませんので、後は自分で、相手と交渉しなければならない、また相手が損害保険に入っていれば、相手の保険会社と直接交渉する。

この逆の立場になれば、こちらの保険会社が相手の怪我とかの保障をします。

ただ、保険料安いだけでは、安かろう悪かろうになります、しっかりとした、保険会社で保障も、電話対応も、担当者対応も、保険料も格安ならば言う事ありませんが、何かしら欠如しています。

例えば、インターネット割引で飛びついて、安い保険会社に契約すると、電話対応は電話受けのプロばかりいますから、しっかりと受け入れます、ここからが問題ですが、担当者に対応チェンジしますが、細かいところは直接ユーザーとやりなさいと言う流れがあり、上手くこちらの言い分が通じないことがありますから、保障に関して重要事項が抜けて保障してもらえないいい加減な、保険会社がありますから、気をつけなければなりません。

等級はユーザーにとってとても重要な、割引サービスそして、新車購入して、車両保険契約時新車価格を伝える時、オプション合計で伝えると、車両保険料が1万円位高くなります、この件はも他社保険会社に問い合わせると、いい会社は確認してくれます、オプション合計なのか?なしの新車価格なのか?この質問で金額が1万円変わってくれば、保険料が安くても、車両保険料で余分に支払う事になります。

私は、今までよく車買換えますから、当然保険会社の見積もりも定期的に取ります。

もしどの保険会社が良いかがわからない時は、自動車保険に加入されている方のアンケートを参考にしたランキングが参考になります。

>>自動車保険(任意保険)の事故対応を比較|評判・口コミ・顧客満足度・おすすめ・ロードサービス・コールセンター・人気